フィラリアの予防薬で死亡することがあるって本当?

フィラリア予防薬徹底ドットコムへアクセス感謝します!こちらのインターネットサイトは犬の薬に関する情報が充分ということなので、犬の薬完全初心者の皆様から熟知している皆様まで充実した内容のサイトになってます。 - フィラリアの予防薬で死亡することがあるって本当?

フィラリア予防薬徹底ドットコム

フィラリアの予防薬で死亡することがあるって本当?

安全性が高く副作用も少ないフィラリア予防薬ですが、薬の与え方を間違えてしまうと愛犬が死亡してしまうこともあります。投薬の際にはどんなことに注意すればよいのでしょうか?

フィラリア予防薬の働き

フィラリア予防薬は、毎月与える錠剤やチュアブルなど飲むタイプの予防薬、または年に1回の注射などを投薬することによってフィラリアの感染を防ぐことができます。犬の体内でのフィラリアの成長は、フィラリアの幼虫が、犬の体内へ侵入してから血管へ移動できるように成長するまでに約70日かかります。70日間を過ぎてさらに成長したフィラリアの幼虫は、血管に入り心臓や肺動脈へとたどり着き、15?30cmの成虫へと成長し繁殖をします。フィラリア予防は、血管に入る前の70日間までにフィラリアの幼虫を駆除することで、フィラリア感染症を防ぐことができます。月に1回投薬することで、どのタイミングで感染しても幼虫は心臓や肺動脈にたどり着く前に駆除されることになります。

愛犬がフィラリア予防薬で命を落とさないために

毎月きちんと予防薬を投与することで確実に感染を防げるフィラリアですが、むやみに飼い主の判断で予防薬を与えてしまうと、愛犬の命を脅かすことにもなりかねません。最も注意しなくてはいけないのは、投薬前に愛犬がフィラリアに感染していないか獣医による確認が必要です。もしも、フィラリアに感染していることに気づかないで投薬してしまった場合、体内にいる1日に2,000?3,000匹増えるミクロフィラリアが予防薬によって、一気に死んでしまいます。増え続けた膨大な数のミクロフィラリアの死骸は、血管を詰まらせ肺動脈塞栓症やショック症状を引き起こし最悪の場合死亡することとなってしまいます。

まとめ

副作用も少なく安全性の高いフィラリア予防薬は正しい知識を持つことで、フィラリア予防薬による愛犬の死亡リスクを低くすることができます。投薬前には、フィラリアに感染の有無の確認が大切です。

フィラリア予防薬徹底ドットコムTOPへ