薬を飲んでくれない犬ちゃんへの対処方法

フィラリア予防薬徹底ドットコムへアクセス感謝します!こちらのインターネットサイトは犬の薬に関する情報が充分ということなので、犬の薬完全初心者の皆様から熟知している皆様まで充実した内容のサイトになってます。 - 薬を飲んでくれない犬ちゃんへの対処方法

フィラリア予防薬徹底ドットコム

薬を飲んでくれない犬ちゃんへの対処方法

何らかの病気になって、動物病院で薬を犬ちゃんに飲ませないといけないといけない場合が
あるかと思います。
特に、夏になると、フィラリア予防薬を飲ませないといけないということになります。
でも、飲んでくれないと困られる方はたくさんいらっしゃいます。
では、どうすれば、薬を飲んでくれるようになってくれるかを紹介します。

普段から口を開かせるように癖づけをしておく

動物病院で、獣医師から薬の飲ませ方の説明があると思いますが、
犬などの生き物は「この人の言うことを聞かないといけない」と無意識に
感じ取るようで、獣医師の言うことは聞いてくれます。
ですから、飲ませ方の説明で実際に薬と投薬するのは、すんなりできるのですが、
家で飲ませようというと、「ご主人様が口を開けさせようとするよ。怖いよ」と
口を開いてくれない子が多いです。
錠剤の薬を見ると余計抵抗する子はいます。
犬をお迎えした時から、口を開かせて歯磨きさせる癖などを付けておくと、
いざというときに、薬を飲ませやすいです。

口を開かせてくれるなら、後は簡単

口を開かせてくれるようになったら、ちょっと慣れるまでが大変ですが、のどにぐいっと押し込むように
お薬を入れてあげて、ごっくんと飲んでくれるまでは、お口を開かないように口を開かせないようにします。
ごっくんと飲み込んだのを確認してから、解放してあげて大丈夫です。
たまに賢い子は、飲み込んだようにみせかけて、人間の目視では確認できない口の中に
隠していて、しばらく経ってから吐きだしていることもありますので、
慣れてくれるまでは、少々時間がかかりますが、コツがわかれば簡単です。
しかし、お口を開いてくれなくて、薬の時間とわかると怒ってくる子がいますから、
別の方法を取らないといけなくなります。

フードと薬と砕いて混ぜて与える

これは、そのフードを嫌いになってしまうことになりかねませんが、
食べてくれない子は、フードと薬を細かく刻んで、与えてみるという方法が
あります。もしフードも薬も食べてくれてくれなければ、ちょっとささみや
サツマイモなどを味なしで湯がいたものをトッピングして、食べさせるという
方法もあります。

薬でチュアブルタイプがあれば、変更してもらう

「絶対のまないぞ!」と反発して飲まない子であれば、飼い主さんも疲れてしまいますので、
また病状も悪化させたり、フィラリア予防薬であれば、飲まなければ予防になりません。
そういうことになった場合は、獣医師に相談して、チュアブルタイプで
お肉の匂いや味付けをしているものが、病状に適応した薬や、フィラリア予防薬で
ありますので、変更するという方法もあります。
お試しで頂ける場合もあるので(偽剤で薬効成分が入っていないもの)、様子を見て、
変更ということもできますが、どうしても錠剤でしかないというお薬はありますので、
地道に口を開いてくれるようにして、その子に合う飲ませ方で対応するしかありません。

まとめ

うちで飼っているチワワは、僧房弁膜症ですので、一生薬とのお付き合いですが、
運よく歯磨きの癖づけをしていたので、簡単に飲んでくれました。
また、嫌がって私の手を噛むこともありませんでした。
お薬が初めての子は、なかなか飲んでくれませんし、気に入った薬というものもあるようで、
薬を変えた途端、飲まなくなって、もとに戻したということもあります。
人間のお子さんと同じようで、なかなかお薬を上手に飲ませるということは、
難しいのですが、気長に練習して飲ませてあげてください。

フィラリア予防薬徹底ドットコムTOPへ